india jewelry

14kgfワイヤーと天然石を使用してジュエリーを制作し始めてから3年くらいですが、アクセサリー自体はもう10年くらいは実は作り続けておりました。 現在ようやく、自分のこうしたいと思える形に持っていけるように少しはなったのではないかと思っていますが、まだまだだなという時も多々あります。。以前から少し癖の強いデザインが好きで、今はもう日本からなくなってしまったsatelitteや、davidaubreyなどのデザインがとても好きで、よく見ていました。 そして、販売の仕事でセレクトショップやその他いろいろな展示会でジュエリーを見る機会も増え、アンティークジュエリーなどにも触れることができるようになり、現在もっとも興味を惹かれているのが、インドジュエリー。インドのクンダンジュエリー,クンダンミーナにとても興味があり、実際に行き、本物が見たくていまもやっとしているところです。。

クンダンミーナとは、インドの伝統的なクンダン技法と、ミーナと呼ばれるエナメル技法のことですが、表はポルキダイヤと呼ばれるダイヤモンドやエメラルド、ルビーなどを22kなどの金箔で回りに枠?を作っていくよう。そして、外側からは見えない内側(裏面)に見事なエナメル細工が施してあるというもの。裏側は着ける本人だけが見ることのできる特別なものということみたいなのですが、本当に美しいです。。。

いや。。もうすごいです。。。

どうやら私はこの世界観がとてもとっても好きみたいで、ようやくそのことに気づき始めたんですね。たぶん。22kやクンダンミーナの技法は使えませんが、淡水パールをふんだんに使用した繊細なデザインは真似できる!と、がんばって試作してみた物がこちら↓

 

頑張りましたー 枠つくるだけでもとても時間かかってしまったのですが、なんとなくイメージしていたものには近いですw すみません、画素数が荒いので、、アップにたえれませんw

というわけでいまとてもインドのジャイプールに行きたいわけです。

そして悶々としながら、深夜のハイテンションで紅茶のパウンドケーキまで焼き、うまくいったのでもらいもののローズバッドを散らして撮影。

寝不足。なにしてるんでしょう。今日は早く寝ます。。。

明日は、秋冬用の石仕入れに行くぞーー!