antiquelace

アンティークレースの作品は、なかなかすすみません。。これならこういう風に刺繍して、こういう形に仕上がるな。。と見た瞬間、全体が見えるアンティークレースに出会わないと出来ないから、、が理由の一つです。後は、手間がかかるから!(笑) 石とワイヤーにさわり慣れてしまっていると、しばらく時間がたって細いビーズ刺繍針と糸を持つと、まあスムーズにいかないこと!こんなに不器用だったかしら、、と思うほどです。。mm 今回は赤坂蚤の市でいつも欲しい物が沢山のlinohomeworksさんで見つけた、可愛らしい花のフランスアンティークレース。少し考えてからすぐに買わせて頂きました*

花の間にあるレースの部分にどう金糸を刺繍していくかかなり悩んだのですが、下のヴィンテージのパーツを持ってきたほうと、アイオライトの石のついているものとでは弱冠縫い方を変えています。上は花の糸の脈に沿って縫ったもの、下はランダムに見えるよう、方向によって規則正しく糸を這わせたものです。刺繍などは習ったことはないので、感覚ですが、糸や、布は少しの動きで表情が変わるので、面白いな。。といつも思います。奥が深く、まだまだです。。でも絵を描くときの絵の具や、鉛筆の使い方にもなんか通じるところがあるのかな。。と勝手に思ったりしています。

さて、本日のwebshop更新するものです。(これからやります!)

ブルーカルセドニーペアシェイプと、アイオライト、アメジスト、ムーンストーンのピアス。カットがどの石も抜群です!

シャンパンクォーツ、シトリン、アメトリンの3段ピアス。画像ではわかりにくいですが、一番したのはアメトリンです!ちゃんとバイカラーに。。こちらもカットがどれも抜群です!

お揃いのアメトリンネックレス。ステーションネックレスです。小さな粒もアメジストです。